東陽テクニカ、店舗や公共施設への入退室者を自動でカウントする管理システムを発売

Category:ニュース

(株)東陽テクニカは、ドイツのDeutsche Kennzeichen Technik GmbH(以下 DKT社)と代理店契約を結び、店舗や公共施設、イベント会場などでの入退室者数を自動でカウントして入室可能かを表示する管理システム「Digital Control System 240(以下DCS240)」の国内販売を2020年7月15日より開始する。

【背景・製品概要】
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための対策の一つとして、『密』な環境を作らないように店舗やイベント会場への入室者数を制限する取り組みが行われている。しかし、多くの場合人数の管理と誘導は人によって行われているため、潜在的な感染リスクを抱えていると言える。
「DCS240」は入退室口に設置するだけでセンサーが横を通過する入室者、退室者の数を自動でカウントし、設定した定員に対して空きがあるか(入場可能な状態か)をディスプレイに表示する。電源に接続するだけで簡単に設置して運用を始めることができる。また、ディスプレイに表示する画像は自由に変更することができ、広告や案内の表示も可能である。
DKT社が所在するドイツでも店舗や公共施設での入室者数制限が行われており、「DCS240」はスーパーマーケットをはじめとした各種店舗やフィットネスセンターで利用され、誘導員の感染リスク低減だけでなく、人件費の削減にも貢献している。

【製品特長】
●人が介在しないことにより感染リスクを低減
●電源に接続するだけで簡単に設置、運用可能
●最新ToFセンサー※1を採用し「DCS240」を中心に両側1.2mまで検知可能
●退室専用口のためのサテライトユニット(オプション)
●ディスプレイに広告表示も可能
※1 Time of Flightセンサー。発した光が反射して戻って来るまでの時間を測定する。

【製品データ】
・製品名︓入退室管理システム「Digital Control System 240」
・販売開始日︓2020年7月15日

●お問い合わせ
株式会社 東陽テクニカ
URL https://www.toyo.co.jp/